HOME > 研究 > 生殖遺伝
研究室の紹介

代表: 末岡 浩 准教授 (Kou Sueoka , MD , PhD)

 

1) 着床前診断に関する総合的研究

とくにDuchenne型筋ジストロフィー、ミトコンドリア遺伝子病、triplet repeat diseaseなどの神経筋疾患に対する着床前遺伝子診断の各種遺伝子型に関する技術的開発、倫理面、社会面における研究を行っています (本邦初の着床前遺伝子診断承認:
慶應義塾大学医学部産婦人科学教室「着床前遺伝診断について」ホームページを参照)。

グラフ1写真1

 

2) ミトコンドリアDNAの生殖細胞における研究

生殖細胞(配偶子・胚)に関するミトコンドリアDNAの量的・質的解析を行い、生殖細胞の活性、母系遺伝とされるミトコンドリアDNA病の成因に関する解明、配偶子におけるヘテロプラズミーの解析を行っています。

 

3) 性分化および不妊に関する遺伝子の解明

性分化・不妊に関する遺伝子ライブラリーの作製と、それらの機能解明を行っています。現在は特に、AZF遺伝子群、AR遺伝子exon 1、常染色体上の遺伝子解析を行っています。

 

4) 生殖細胞の毒性メカニズムの解明と治療法に関する研究

生殖能障害細胞動物の生殖細胞分化の障害機能を解明することを目的に、受容体型チロシンキナーゼc-kitの遺伝子およびタンパク質発現、アポトーシス、テロメラーゼ、ミトコンドリアの分析を行い、障害防止物質の探索を行っています。

 

5) 生殖医療技術の開発

(体外受精に付帯する諸技術やそれに代わる卵管鏡下卵管形成法の開発など)

様々な生殖医学医療技術を開発し、臨床応用に至るまでの研究を行っています。代表的な例として、卵管不妊に対する治療法として世界に先駆けて卵管鏡下卵管形成法(Falloposcopic tuboplasty: FT)を確立し、本邦始めての妊娠例を得ています。これまでに1,500例以上の治療経過を基に体外受精に代わる新たな不妊治療法としての技術開発を行っています。

卵管鏡による卵管内腔所見 写真