HOME > 研究 > 婦人科腫瘍 臨床遺伝
研究室の紹介
代表 進 伸幸 准教授 (Nobuyuki Susumu , MD , PhD)
メンバー 平沢 晃(専任講師)
片岡史夫(助教)
山上 亘(助教)

横田めぐみ 大学院生(女性健康維持研究室 兼任)
二宮委美(助教)
坂井健良(大学院博士課程)
真壁 健(大学院博士課程)

赤羽智子(特任助教)

婦人科腫瘍研究室 臨床遺伝部門は、婦人科がん個別化医療および遺伝性腫瘍に対するがん予防を主なテーマにしています。そのため女性健康維持研究室や婦人科腫瘍生体分子解析部門とも連携して、若手研究者の教育にも力を入れています。

 

1)若年性体癌の子宮温存療法(黄体ホルモン療法)

40歳未満に発症する子宮体癌患者の増加は臨床的に重要な問題となっています。我々は、1998年より、若年子宮体癌患者に対し、高用量黄体ホルモン(酢酸メドロキシプロゲステロン、MPA)療法により女性の妊娠、出産といった生殖機能を温存する治療を行ってきました。現時点において230症例以上に実施して高い治癒率を得ており、90回以上の妊娠に至っています。これは本邦でもトップクラスの臨床経験を有しているといえます。これら豊富な臨床経験を元に、本治療に関する臨床病理学的因子との関連を後方視的に解析するとともに、分子生物学的手法による治療効果判定や再発の早期発見を志向した研究を行っています。また前方視的研究として、再発予防に寄与するかどうか低用量のある種の黄体ホルモン療法の有用性を検証する臨床研究も開始しています。さらに、体がんの治療だけでなく、MPA療法後の不妊治療、さらに妊娠・出産、分娩後の定期的な婦人科検診フォローアップ、再発時の治療の選択(手術か反復MPA療法か)など、女性にとって大変ストレスの多い治療でもあり、最近は精神科ともタイアップして、患者さんの精神的ストレスのケアに関する研究も行っています。

 

2)早期子宮体癌に対するセンチネルナビゲーションシステムの確立

センチネルリンパ節とは、原発部位の癌組織からのリンパ液の流れが最初に流入するリンパ節と定義されています。このセンチネルリンパ節の臨床的意義には、術中に、リンパ節転移状況を把握し、至適リンパ節郭清範囲を決定するのに役立つ、また術後に、微小転移を効率的に捉えることで正確な病期分類を行うことができ、集学的治療の適応の決定に役立つことが挙げられます。
乳癌領域ではこのセンチネルリンパ節生検を行ってリンパ節郭清の適応を決定する方法が2010年4月に保険適応として認可されています。これは、多くの上腕のリンパ浮腫に悩む女性患者にとって大きな朗報となりました。しかしながら、同様に術後の下肢のリンパ浮腫に悩む子宮体癌根治術(骨盤リンパ節郭清を含む術式)を受けた後の女性患者にとっては、まだエビデンスの高い治療としてこのセンチネルナビゲーションシステムは提供できていません。
当研究室では、リンパ節郭清後のリンパ浮腫の後遺症に悩む女性を減らすため、また、2mm以下の微小転移を効率的に発見して適切な術後補助療法を提供できるようにするため、研究室横断的に2009年より臨床研究を開始しています。
対象は、高分化子宮体癌で筋層浸潤がなくリンパ節郭清が必要ないと判断される症例以外で、子宮内に病変が限局していると判断される(術前に 筋層浸潤が推定される、または中〜低分化癌のIA期から II期に相当する)患者さんに限ります。これまでの研究成果で、ラジオアイソトープ法や色素法(または蛍光法)によって、効率的に微小転移を発見することができることが明らかになりつつあります。また現段階では転移を認めた症例(23例中23例)ではすべてセンチネルリンパ節に転移を認めており、センチネルリンパ節に転移がない場合に他の郭清したリンパ節には転移は認めていません(70例中70例)。したがってリンパ節転移の有無を正確に診断するのに有用であることが子宮体癌でも期待されています。近い将来、センチネルリンパ節に転移がない場合には骨盤リンパ節または傍大動脈リンパ節郭清を省略するシステムを確立することを目指しています。また、早期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術が保険適用になったことから、より低侵襲な治療法の確立を目的に、センチネルリンパ節ナビゲーションシステムの腹腔鏡下手術への応用についても研究を始めています。

SPECT-CTによるセンチネルリンパ節の同定
蛍光法によるセンチネルリンパ節の同定

3)遺伝性婦人科癌に関する研究と臨床

婦人科領域においてはリンチ症候群、遺伝性乳癌卵巣癌およびPeutz-Jeghers症候群などの遺伝性腫瘍が存在します。婦人科腫瘍研究室 臨床遺伝部門ではこれらの婦人科遺伝性腫瘍例を対象に、慶應義塾大学医学部臨床遺伝学センターと共同で遺伝性婦人科癌に関する研究と臨床を行っています。遺伝カウンセリングののちに希望例に対しては遺伝学的検査を行っています。さらに女性健康維持研究室と共同してQOL(生活の質)についても取り組んでいます。
下記のサイトも参照下さい。
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000029.html
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000026.html

 

4)婦人科疾患関連遺伝子に関する検討

当研究室は慶應義塾大学医学部産婦人科バイオバンク部門(Keio Women’s Health Biobank:KWB)の組織検体、血液由来試料とそれにともなう臨床情報や家族歴などをもとに婦人科疾患関連遺伝子に関する研究を行っています。
子宮内膜の細胞診は子宮体癌を発見する重要な検査手段ですが、早期発見にはより客観的な判定法や検出率の向上が求められています。我々の開発した、個々の細胞内染色体不安定性を客観的に評価できる2色FISH法や細胞診液状検体から得られる様々な分子レベルの情報を応用し、子宮内膜細胞診のより高い診断法の構築を目指した研究を行っています。
ヒトの遺伝子には0.1%程度の個人差があります。この遺伝子の個人差のことを「遺伝子多型」といい、一部の薬ではこの多型によって易罹患性、薬の奏効や有害薬物反応の現われ方に違いのあることが分かっています。将来的には事前にこれら遺伝子多型を調べることで、治療の個別化が期待されます。我々は患者さんから文書に基づくインフォームド・コンセントを取得したのちにゲノムDNAを採取し、婦人科疾患に関連した遺伝子多型を検討しています。
なお当研究室では日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、臨床遺伝専門医制度専門医および日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医を目指します。

 

■■ References ■■

Kataoka F, Susumu N, Yamagami W, Kuwahata M, Takigawa A, Nomura H, Takeuchi H, Nakahara T, Kameyama K, Aoki D. The importance of para-aortic lymph nodes in sentinel lymph node mapping for endometrial cancer by using hysteroscopic radio-isotope tracer injection combined with subserosal dye injection. Gynecol Oncol 2015 in press.

Yokoyama Y, Ito K, Takamatsu K, Takehara K, Nakanishi T, Harano K, Watari H, Susumu N, Aoki D, Saito T: How do Japanese gynecologists view hormone replacement therapy for survivors of endometrial cancer? Japanese Gynecologic Oncology Group (JGOG) survey. International Journal of Clinical Oncology 2015 in press.

Harano K, Hirakawa A, Yunokawa M, Nakamura T, Satoh T, Nishikawa T, Aoki D, Ito K, Ito K, Nakanishi T, Susumu N, Takehara K, Watanabe Y, Watari H, Saito T. Prognostic factors in patients with uterine carcinosarcoma: a multi-institutional retrospective study from the Japanese Gynecologic Oncology Group. Int J Clin Oncol 2015 in press.

Yokota M, Hirasawa A, Makita K, Akahane T, Sakai K, Makabe T, Horiba Y, Yamagami W, Ogawa M, Iwata T, Yanamoto S, Deshimaru R, Banno K, Susumu N, Aoki D. Polymorphisms of estrogen metabolism-related genes ESR1, UGT2B17, and UGT1A1 are not associated with osteoporosis in artificial menopausal Japanese women. Menopause Review 2015; 14(3): 161-167.

Sakai K, Yamagami W, Susumu N, Nomura H, Kataoka F, Banno K, Tsuda H, Aoki D. Pathological factors associated with omental metastases in endometrial cancer. Eur J Gynaecol Oncol. 2015;36(4): 397-401.

Iwadate R, Inoue J, Tsuda H, Takano M, Furuya K, Hirasawa A, Aoki D, Inazawa J. High Expression of p62 Protein Is Associated with Poor Prognosis and Aggressive Phenotypes in Endometrial Cancer. Am J Pathol 2015; 185(9): 2523-2533.

Suemori T, Susumu N, Iwata T, Banno K, Yamagami W, Hirasawa A, Sugano K, Matsumoto E, Aoki D. Intratumoral CD8+ Lymphocyte Infiltration as a Prognostic Factor and Its Relationship With Cyclooxygenase 2 Expression and Microsatellite Instability in Endometrial Cancer. Int J Gynecol Cancer 2015; 25(7): 1165-1172.

Yamagami W, Susumu N, Ninomiya T, Nakadaira N, Iwasa N, Kuwahata M, Nomura H, Kataoka F, Banno K, Aoki D. Hysteroscopic transcervical resection is useful to diagnose myometrial invasion in atypical polypoid adenomyoma coexisting with atypical endometrial hyperplasia or endometrial cancer with suspicious myometrial invasion. J Obstet Gynaecol Res. 2015 May; 41(5): 768-75.

Hirasawa A, Makita K, Akahane T, Yamagami W, Makabe T, Yokota M, Horiba Y, Ogawa M, Yanamoto S, Deshimaru R, Tominaga E, Banno K, Susumu N, Aoki D. Osteoporosis is less frequent in endometrial cancer survivors with hypertriglyceridemia Jpn J Clin Oncol 2015; 45 (1): 127-131.

Sagae S, Susumu N, Viswanathan AN, Aoki D, Backes FJ, Provencher DM, Vaughan M, Creutzberg CL, Kurzeder C, Kristensen G, Lee C, Kurtz JE, Glasspool RM, Small W Jr. Gynecologic Cancer InterGroup (GCIG) consensus review for uterine serous carcinoma. Int J Gynecol Cancer. 2014; 24(9 Suppl 3): S83-89.

Yamagami W, Susumu N, Ninomiya T, Kuwahata M, Takigawa A, Nomura H, Kataoka F, Tominaga E, Banno K, Tsuda H, Aoki D. A retrospective study on combination therapy with ifosfamide, adriamycin and cisplatin for progressive or recurrent uterine sarcoma. Mol Clin Oncol. 2014 Jul; 2(4): 591-595.

Okamoto A, Glasspool RM, Mabuchi S, Matsumura N, Nomura H, Itamochi H, Takano M, Takano T, Susumu N, Aoki D, Konishi I, Covens A, Ledermann J, Mezzazanica D, Steer C, Millan D, McNeish IA, Pfisterer J, Kang S, Gladieff L, Bryce J, Oza A. Gynecologic Cancer InterGroup (GCIG) consensus review for clear cell carcinoma of the ovary. Int J Gynecol Cancer 2014; 24(9 Suppl3): S20-25.

Tomisato S, Yamagami W, Susumu N, Kuwahata M, Takigawa A, Nomura H, Kataoka F, Hirasawa A, Banno K, Aoki D. Clinicopathological study on para-aortic lymph node metastasis without pelvic lymph node metastasis in endometrial cancer. J Obstet Gynaecol Res 2014; 40(6): 1733-1739.

Hirasawa A, Masuda K, Akahane T, Ueki A, Yokota M, Tsuruta T, Nomura H, Kataoka F, Tominaga E, Banno K, Makita K, Susumu N, Sugano K, Kosaki K, Kameyama K, Aoki D.Family history and BRCA1/BRCA2 status among Japanese ovarian cancer patients and occult cancer in a BRCA1 mutant case. Jpn J Clin Oncol 2014; 44(1) 49-56.

Liao SY, Rodgers WH, Kauderer J, Darcy KM, Carter R, Susumu N, Nagao S, Walker JL, Hatae M, Stanbridge EJ. Endocervical glandular neoplasia associated with lobular endocervical glandular hyperplasia is HPV-independent and correlates with carbonic anhydrase-IX expression: a Gynaecological Oncology Group Study. Br J Cancer 2013; 108(3): 613-20.

Hirasawa A, Zama T, Akahane T, Nomura H, Kataoka F, Saito K, Okubo K, Tominaga E, Makita K, Susumu N, Kosaki K, Tanigawara Y, Aoki D. Polymorphisms of UGT1A1 gene predict adverse effects of irinotecan treatment for gynecologic cancer in Japanese. J Hum Genet 2013; 58(12): 794-798.

Hirasawa A, Makita K, Akahane T, Yokota M, Yamagami W, Banno K, Susumu N, Aoki D. Hypertriglyceridemia is frequent in endometrial cancer survivors. Jpn J Clin Oncol 2013; 43(11): 1087-1092.

Saito K, Inagaki K, Kamimoto T, Ito Y, Sugita T, Nakajo S, Hirasawa A, Iwamaru A, Ishikura T, Hanaoka H, Okubo K, Onozaki T, Zama T. MicroRNA-196a Is a Putative Diagnostic Biomarker and Therapeutic Target for Laryngeal Cancer. PLoS One 2013; 8(8): e71480.

Hirasawa A, Sato T, Ueno M, Akahane T, Susumu N, Betsuyaku T, Aoki D. Distinguishing between lymphangioleiomyomatosis and carcinomatous peritonitis in an ovarian cancer patient. J Clin Oncol 2013; 31(28): e427-429.

Villacorte M, Suzuki K, Hirasawa A, Ohkawa Y, Suyama M, Maruyama T, Aoki D, Ogino Y, Miyagawa S, Terabayashi T, Tomooka Y, Nakagata N, Yamada G. β-Catenin signaling regulates Foxa2 expression during endometrial hyperplasia formation. Oncogene 2013; 32(29): 3477-3482.

Hirasawa A, Masuda K, Akahane T, Tsuruta T, Banno K, Makita K, Susumu N, Jinno H, Kitagawa Y, Sugano K, Kosaki K, Aoki D. Experience of risk-reducing salpingo-oophorectomy for a BRCA1 mutation carrier and establishment of a system performing a preventive surgery for hereditary breast and ovarian cancer syndrome in Japan: our challenges for the future. Jpn J Clin Oncol 2013; 43(5): 515-519.

Akahane T, Hirasawa A, Tsuda H, Kataoka F, Nishimura S, Tanaka H, Tominaga E, Nomura H, Chiyoda T, Iguchi Y, Yamagami W, Susumu N, Aoki D. The origin of stroma surrounding epithelial ovarian cancer cells. Int J Gynecol Pathol 2013; 32(1): 26-30.

Hirasawa A, Akahane T, Tsuruta T, Kobayashi Y, Masuda K, Banno K, Fujii T, Susumu N, Itsubo T, Kameyama K, Sugano K, Aoki D. Lobular endocervical glandular hyperplasia and peritoneal pigmentation associated with Peutz-Jeghers syndrome due to a germline mutation of STK11. Ann Oncol 2012; 23(11): 2990-2992.

Hirasawa A, Akahane T, Tanigawara Y, Aoki D. Blood-direct InvaderPlus as a new method for genetic testing. Pers Med 2012; 9(6): 657-663.

Kataoka F, Tsuda H, Arao T, Nishimura S, Tanaka H, Nomura H, Chiyoda T, Hirasawa A, Akahane T, Nishio H, Nishio K, Aoki D. EGRI and FOSB gene expressions in cancer stroma are independent prognostic indicators for epithelial ovarian cancer receiving standard therapy. Genes Chromosomes Cancer 2012; 51(3): 300-312.

Liao SY, Rodgers WH, Kauderer J, Darcy KM, Carter R, Susumu N, Nagao S, Walker JL, Hatae M, Stanbridge EJ. Endocervical glandular neoplasia associated with lobular endocervical glandular hyperplasia is HPV-independent and correlates with carbonic anhydrase-IX expression: a Gynaecological Oncology Group Study. Br J Cancer. 2013 Feb 19;108(3): 613-20. doi: 10.1038/bjc.2012.578. Epub 2013 Jan 8.

Chiyoda T, Tsuda H, Tanaka H, Kataoka F, Nomura H, Nishimura S, Takano M, Susumu N, Saya H, Aoki D. Expression profiles of carcinosarcoma of the uterine corpus-are these similar to carcinoma or sarcoma? Genes Chromosomes Cancer. 2012 Mar;51(3): 229-39. doi: 10.1002/gcc.20947. Epub 2011 Nov 10.

Susumu N, Nomura H, Hirasawa A, Banno K, Tsuda H, Sagae S, Aoki D. Adjuvant chemotherapy for endometrial cancer. “Cancer of the uterine endometrium” Intech, Rijeka, Croatia, 2012.

 

『動画で学ぶエキスパートのテクニック 婦人科がん 低侵襲手術』
監修:落合和徳/ 青木大輔
編著:寒河江悟、佐々木 寛、井坂恵一、岡本愛光、進 伸幸

婦人科がん低侵襲手術―動画で学ぶエキスパートのテクニック