HOME > 研究 > 婦人科腫瘍 生体分子解析
研究室の紹介

代表: 片岡史夫 助教 (Fumio Kataoka, MD, PhD)

【研究室の基本指針】

  1. Translational researchでは,実用化を目指します。
  2. Clinical researchでは,治療ガイドラインの質の高いエビデンス作りを目指します。
  3. 若手研究者の育成に力を入れます。

 

【研究内容】

我々は婦人科悪性腫瘍に対する新しい分子標的をオミックス情報による分子的ネットワークシステムの解析で探索し、新規がん治療の開発を目指しています。また抗がん剤の効果および毒性を早期に予測できるバイオマーカーを発見し,臨床試験を通して抗がん剤効果・毒性早期予測システムを確立します。

1)上皮−間葉転換(Epithelial-Mesenchymal Transition(EMT))を標的とした新規がん治療の開発

子宮体部癌肉腫の肉腫成分はEMTとされ,癌肉腫はEMTを可視化できる貴重な腫瘍で,転移浸潤のモデルとなる。我々は癌肉腫のオミックス情報より,癌肉腫は癌より肉腫に類似していることを見出し,新規EMT関連遺伝子候補を抽出している(図1)。当該遺伝子の機能を解析し,新規EMT関連遺伝子を同定する。

2)新規バイオマーカー検索

癌患者においては,癌の進行にともない血清中や膣分泌物中に遊離DNA量が増加するとの報告がある。我々は現在、卵巣がんおよび子宮体がんで,特異的にメチル化されている遺伝子部位を探索している。本研究では,卵巣がんおよび子宮体がんに特異的なバイオマーカーが,血清や膣分泌物によるスクリーニングに有用か否かを解析する。

3)腫瘍−間質相互作用の解明

腫瘍特性を規定する因子として,腫瘍細胞だけでなく間質細胞も重要である。我々はこれまで,卵巣がんおよび子宮体がんの腫瘍実質と間質をmicrodissectionで分離後,それぞれで発現解析を施行し,腫瘍−間質相互作用の側面から薬剤感受性および再発と関与する遺伝子を選別し,その一部は特許申請した(図2)。現在、当該遺伝子の機能を解析するとともに,体癌の再発を予測できる診断システムを開発している。

4)卵巣癌の標準化学療法であるcarboplatin+paclitaxel(TC)療法の効果を予測できる診断キットの開発

これまで卵巣癌の抗がん剤治療効果を予測できる遺伝子の抽出を目的に,マイクロアレイによる発現解析が実施されてきたが,実用化にはいたっていない。その一因として,従来の統計学的手法のみでは,再現性のあるデータが得られないことが挙げられる。そこで我々は,網羅的遺伝子機能解析技術(細胞アレイ)を利用して,卵巣癌の抗がん剤治療効果を予測できる真の標的遺伝子の抽出を試みている。細胞アレイとは,細胞へのマルチプルトランスフェクションを目的としたDNAアレイで,1500遺伝子のプラスミド・siRNA・shRNAを1枚のチップにプリントし,チップ上で細胞培養することで細胞の各遺伝子発現を調節し,細胞機能の変化を網羅的にネットワークとして検証する技術である。

5)卵巣がんおよび子宮体がんの抗癌剤効果および毒性を予測できるSNPの探索

評価可能病変のない術後補助化学療法の効果を治療前に予測できる方法は確立されていない。我々は,補助化学療法を施行した卵巣癌症例を対象に,補助化学療法時の好中球減少の程度とprogression free survival (PFS)の相関性を検証したところ,好中球減少の重篤であった症例ではPFSの延長を認め,進行期とならぶ強力な予測因子であることを見出した。このことは抗癌剤の反応に関与するsingle nucleotide polymorphism (SNP)が正常幹細胞より癌幹細胞に受け継がれ,抗癌剤の効果および副作用に関与するという仮説がたてられる。すなわち抗癌剤効果は毒性と関連しており,効果および毒性に共通に関与するSNPが存在し,それを発見することで評価可能病変のない補助化学療法の効果を予測できる可能性がある。そこでSNPに基づいた卵巣癌の術後補助化学療法(TC療法)の効果を予測できるシステムを開発する。

6)卵巣がんの分子標的薬の効果を予測できるバイオマーカーの検出

卵巣がんに対しては、VEGFに対するモノクローナル抗体であるBevacizumabやチロシンキナーゼ阻害薬であるCediranib,multi-kinase inhibitorであるSorafenib,Sunitinib,mTOR阻害剤であるtemsirolimus やeverolimus,BRCA pathwayに関与するPARP inhibitorであるolaparibなどが効果の期待できる薬剤で,それぞれのclinical benefit (CR+PR+SD)は77%, 30%, 38%, 56%, 50%,67%と報告されている。特にSorafenib,Sunitinibは腎癌では保険承認されており,生物学的に腎癌に類似している卵巣明細胞癌に対して有望な薬剤と期待されている。分子標的治療薬はその毒性や効果は,各人が有する遺伝子情報に関与することが知られている。本研究では卵巣がんに有効性が期待されている分子標的薬の関連経路の異常を臨床検体および細胞株で探索することで,当該薬の効果を期待できる群をスクリーニングし,また効果予測を試みる。

 

【業績(過去5年、下線は慶應義塾大学産婦人科所属)】

著書

  • 津田浩史.患者さんとご家族のための子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドラインの解説.金原出版.141-146, 2010.

  • 片岡史夫津田浩史青木大輔.インフォームドコンセントのための図説シリーズ 卵巣がん 卵巣癌の検査.医薬ジャーナル社(大阪):P.26-29; 2010/12

  • Susumu N, Nomura H, Yamagami W, Hirasawa A, Banno K, Tsuda H, Sagae S, Aoki D. Adjuvant Chemotherapy for Endometrial Cancer. In Saldivar JS. CANCER OF THE UTERINE ENDOMETRIUM. INTECH, Croatia 2012.

  • Sugiyama T, Tsuda H. Clear cell carcinoma of the ovary. In Reed N, Green JA, Gershenson DM, Siddiqui N, Connor R. Rare and Uncommon Gynecological Cancers. Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2011.

  • Hirai K, Tsuda H. Estrogen and urinary incontinence. Int J Urol 16, 45-48, 2009.

翻訳

  • 津田浩史 片岡史夫. 24章 婦人科がん:卵巣がん ワシントンがん診療マニュアル(メディカル・サイエンス・インターナショナル), p349-356, 2010.

  • 野村弘行 青木大輔. 25章 婦人科がん:子宮がん,子宮頸がん,卵管がん,外陰がん ワシントンがん診療マニュアル(メディカル・サイエンス・インターナショナル), p357-381, 2010.

論文

  • Tanaka H, Tsuda H, Nishimura S, Nomura H, Kataoka F, Chiyoda T, Tanaka K, Iguchi Y, Susumu N, Aoki D. Role of circulating free alu DNA in endometrial cancer. Int J Gynecol Cancer. 2012 Jan;22(1):82-6. (IF=1.558)

  • Nomura H, Tsuda H, Kataoka F, Chiyoda T, Yamagami W, Tominaga E, Susumu N, Aoki D. Retrospective study comparing irinotecan and pegylated liposomal doxorubicin in treatment of reccurent platinum-refractory/resistant epithelial ovarian cancer. Eur J Gynaecol Oncol. 2012;33(1):86-9. (IF=0.633)

  • Akahane T, Hirasawa A, Tsuda H, Kataoka F, Nishimura S, Tominaga E, Nomura H, Chiyoda T, Iguchi Y, Yamagami W, Susumu N, Aoki D. The origin of stroma surrounding epithelial ovarian cancer cells. Int J Gynecol Pathol. 2013 Jan; 32(1): 26-32 (IF=2.076)

  • Kataoka F, Nomura H, Nogami Y, Arima H, Sawano Y, Bannno K, Fujii T, Aoki D. Evaluation of clinical usefulness of a medical monitor equipped with an organic electroluminescence panel in comparison with liquid-crystal display monitors. J Minim Invasive Gynecol 2013 in press (IF=1.556)

  • Chiyoda T, Sugiyama N, Shimizu T, Naoe H, Kobayashi Y, Ishizawa J, Arima Y, Tsuda H, Ito M, Kaibuchi K, Aoki D, Ishihama Y, Saya H, Kuninaka. SLATS1/WARTS phosphorylates MYPT1 to counteract PLK1 and regulate mammalian mitotic progression. J Cell Biol. 2012;197(5):625-641 (IF=9.921)

  • Takano M, Tsuda H, Sugiyama T. Clear cell carcinoma of the ovary: Is there a role of histology-specific treatment? J Exp & Clin Cancer Res. 2012;31(1):53 (IF=1.921)

  • Nomura H, Tsuda H, Chiyoda T, Kataoka F, Susumu N, Aoki D. Retrospective study comparing irinotecan and pegylated liposomal doxorubcin in treatment of recurrent platinum refractory/resistant epithelial ovarian cancer. Eur J Gynaecol Oncol, 33, 86-89, 2012. (IF=0.633)

  • Tanaka H, Tsuda H, Nishimura S, Nomura H, Kataoka F, Chiyoda T, Susumu N, Aoki D. The role of circulating free alu DNA in endometrial cancer. Int J Gynecol Cancer 22, 1-5, 2012. (IF=1.588)

  • Kataoka F, Tsuda H, Arao T, Nishimura S, Tanaka H, Nomura H, Chiyoda T, Hirasawa A, Akahane T, Nishio K, Aoki D. EGR1 gene expression in fibroblasts of cancer stroma is a prognostic indicator for epithelial ovarian cancer receiving standard therapy. Genes, Chromosomes & Cancer. 51, 300-312, 2012. (IF=3.99)

  • Chiyoda T, Tsuda H, Tanaka H, Kataoka F, Nomura H, Nishimura S, Takano M, Susumu N, Saya H, Aoki D. Expression profiles of carcinosarcoma of the uterine corpus -are these similar to carcinoma or sarcoma? Genes, Chromosomes & Cancer 51, 229-239, 2012. (IF=3.99)

  • Yamamoto S, Tsuda H, Shimazaki H, Takano M, Yoshikawa T, Kuzuya K, Tsuda H, Kurachi H, Kigawa J, Kikuchi Y, Sugiyama T, Matsubara O. Histological grading of ovarian clear cell adenocarcinoma: Proposal for a simple and reproducible grouping system based on tumor growth architecture. Int J Gynecol Pathol 31, 116-124, 2012. (IF=2.076)

  • Nishimura S, Tsuda H, Kataoka F, Arao T, Nomura H, Chiyoda T, Tanaka H, Susumu N, Nishio K, Aoki D. Overexpression of cofilin1 can predict the progression free survival on epithelial ovarian cancer. Human Pathol 4, 516-519, 2011. (IF=2.998)

  • Yamamoto S, Kasajima A, Takano M, Yaegashi N, Suzuki M, Kuzuya K, Kigawa J, Tsuda H, Kurachi H, Kikuchi Y, Sugiyama T, Tsuda H, Moriya T. Validation of the histological grading for ovarian clear-cell adenocarcinoma: a retrospective multi-institutional study of Japan Clear Cell Carcinoma Study Group. Int J Gynecol Pathol 30、129-138, 2011. (IF=2.076)

  • Nishimura S, Tsuda H, Nomura H, Kataoka F, Chiyoda T, Tanaka H, Tanaka K, Susumu N, Aoki D. The expression of hypoxia inducible 2 (HIG2) protein in the uterine cancer. Eur J Gynaecol Oncol, XXXII, 146-149, 2011. (IF=0.633)

  • Kataoka F, Tsuda H, Nomura H, Chiyoda T, Tominaga E, Suzuki A, Susumu N, Aoki D. The chemosensitivity of nodal metastases in recurrent epithelial ovarian cancer. Eur J Gynaecol Oncol, XXXII, 160-163, 2011. (IF=0.633)

  • Yamamoto S, Tsuda H, Shimazaki H, Takano M, Yoshikawa T, Kuzuya K, Tsuda H, Kurachi H, Kigawa J, Kikuchi Y, Sugiyama T, Matsubara O. Clear Cell Adenocarcinoma With a Component of Poorly Differentiated Histology: A Poor Prognostic Subgroup of Ovarian Clear Cell Adenocarcinoma. Int J Gynecol Pathol 30, 431-441, 2011. (IF=2.076)

  • Yamagami W, Susumu N, Tanaka H, Hirasawa A, Banno K, Suzuki N, Tsuda H, Tsukazaki K, Aoki D. Immunofluorescent-detected infiltration of CD4+FOXP3+ regulatory T cells is relevant to the prognosis of patients with endometrial cancer. Int J Gynecol Cancer 2011, 1628-1634, 21, 2011. (IF=1.558)

  • Nomura H, Aoki D, Takahashi F, Katsumata N, Watanabe Y, Konishi I, Jobo T, Hatae M, Hiura M, Yaegashi N. Randomized phase II study comparing docetaxel plus cisplatin, docetaxel plus carboplatin, and paclitaxel plus carboplatin in patients with advanced or recurrent endometrial carcinoma: a Japanese Gynecologic Oncology Group study (JGOG2041). Ann Oncol 22, 636-642, 2011. (IF=6.452)

  • Nishimura S, Tsuda H, Ito K, Takano M, Sudo T, Terai Y, Jobo T, Kigawa J, Sugiyama T, Yaegashi N, Aoki D. Differential expression of hypoxia-inducible 2 (HIG2) protein among different histologic types of epithelial ovarian cancer and in clear cell adnocarcinoma. Int J Gynecol Cancer 20, 220-226, 2010. (IF=1.558)

  • Nishimura S, Ito YM, Tsuda H, Ohnishi Y, Kataoka F, Susumu N, Aoki D, Hatae M. The sensitivity and specificity of new formula to distinguish endometrioid type endometrial carcinoma from ovarian endometrial carcinoma. Eur J Obstet Gynecol 14, 67-72, 2010. (IF=1.764)

  • Takano M, Kikuchi Y, Asakawa T, Goto T, Kita T, Kudoh K, Kigawa J, Sakuragi N, Sakamoto M, Sugiyama T, Yaegashi N, Tsuda H, Seto H, Shiwa M. Identification of potential serum markers for endometrial cancer using protein expression profiling. J Cancer Res Clin Oncol, 136, 475-481, 2010. (IF=2.485)

  • Chiyoda T, Tsuda H, Nomura H, Kataoka F, Tominaga E, Suzuki A, Susumu N, Aoki D. Effects of third line chemotherapy for women with recurrent ovarian cancer who received platinum/taxane regimens as first line chemotherapy. Eur J Gynaecol Oncol 31, 364-368, 2010. (IF=0.633)

  • Tsuda H, Ito K, Yaegashi N, Hirasawa A, Sudo T, Kita T, Terai Y, Kigawa J, Sugiyama T, Aoki D. Relationship between ABCF2 expression and response to chemotherapy or prognosis in clear cell adenocarcinoma of the ovary. Int J Gynecol Cancer 20, 794-797, 2010. (IF=1.558)

  • Nomura H, Tsuda H, Susumu N, Fujii T, Banno K, Kataoka F, Suzuki A, Chiyoda T, Aoki D. Lymph node metastasis in grossly stage I and II epithelial ovarian cancer. Int J Gynecol Cancer 20, 341-345, 2010. (IF=1.558)

  • Takano M, Sugiyama T, Yaegashi N, Sagae S, Kuzuya K, Udagawa Y, Tsuda H, Suzuki M, Kigawa J, Goto T, Tsuda H, Moriya T, Kikuchi Y. Less impact of adjuvant chemotherapy for stage I clear cell carcinoma of the ovary: a retrospective Japan Clear Cell Carcinoma Study. Int J Gynecol Cancer 20, 1506-1510, 2010. (IF=1.558)

  • Tominaga E, Tsuda H, Arao T, Nishimura S, Takano M, Kataoka F, Nomura H, Hirasawa A, Aoki D, Nishio K. Amplification of GNAS may be an independent, qualitative and reproducible biomarker to predict progression free survival in epithelial ovarian cancer. Gynecol Oncol 118, 160-166, 2010. (IF=3.76)

  • Katsumata N, Yasuda M, Takahashi F, Isonishi S, Jobo T, Aoki D, Tsuda H, Sugiyama T, Kodama S, Kimura E, Ochiai K, Noda K. A randomized phase III trials of "dose-dense" weekly paclitaxel in combination with carboplatin for advanced ovarian cancer. Lancet 374, 1331-1338, 2009. (IF=33.633)

  • Takano M, Sugiyama T, Yaegashi N, Suzuki M, Tsuda H, Sagae S, Udagawa Y, Kuzuya K, Kigawa J, Takeuchi S, Tsuda H, Moriya T, Kikuchi Y. The impact of complete surgical staging upon survival in early-stage ovarian clear cell carcinoma. Int J Gynecol Cancer, 19, 1353-1357, 2009. (IF=1.558)

  • Nishimura S, Tsuda H, Miyagi Y, Hirasawa A, Suzuki A, Kataoka F, Nomura H, Chiyoda T, Banno K, Fujii T, Susumu N, Aoki D. Can ABCF2 protein expression predict the prognosis of uterine cancer? Br J Cancer 99, 1651-1655, 2008. (IF: 4.831)

  • Katsumata N, Fujiwara Y, Kamura T, Nakanishi T, Hatae M, Aoki D, Tanaka K, Tsuda H, Kamiura S, Takehara K, Sugiyama T, Kigawa J, Fujiwara K, Ochiai K, Ishida R, Inagaki M, Noda K. Phase 2 clinical trial of pegylated liposomal doxorubicin (JNS002) in Japanese patients with Mullerian carcinoma (epithelian ovarian carcinoma, primary carcinoma of fallopian tube, peritoneal carcinoma) having a therapeutic history of platinum-based chemotherapy: A phase II study of the Japanese Gynecologic Oncology Group. Jpn J Clin Oncol 38, 775-785, 2008. (IF=1.856)

  • Hashimoto H, Sudo T, Mikami Y, Otani M, Takano M, Tsuda H, Itamochi H, Katabuchi H, Ito M, Nishimura R. Germ cell specific protein VASA is overexpressed in epithelial ovarian cancer and disrupts DNA damage-induced G2 checkpoint. Gynecol Oncol 111, 312-319, 2008. (IF=3.76)

注:IF: impact factor 2010


学会(一般演題除く)

  • 澤野佳子 千代田達幸 片岡史夫 野村弘行 山上亘 津田浩史 井口蓉子 橋本志歩 冨永英一郎 進伸幸 吉村泰典 青木大輔. 卵巣成熟嚢胞性奇形腫の悪性転化を好中球/リンパ球比(N/L比)で予測できるか. 第125回関東連合産科婦人科学会 優秀演題賞受賞 東京 2013

  • Chiyoda T, et al. The Hippo pathway component LATS1 phosphorylates MYPT1 to counteract PLK1 and regulate G2 DNA damage checkpoint. AACR annual meeting 2013 Scholar-in-Training Award受賞 ワシントンDC 2013

  • 吉浜智子 千代田達幸 片岡史夫 野村弘行 冨永英一郎 山上亘 進伸幸 津田浩史 白石悟 青木大輔 吉村泰典.上皮性卵巣癌初回化学療法における治療効果予測因子としてのgene polymorphismsの解析. 第65回日本産科婦人科学会 高得点演題 札幌 2013

  • 野村弘行 津田浩史 片岡史夫 千代田達幸 井口蓉子 橋本志歩 山上亘 冨永英一郎 進伸幸 青木大輔 吉村泰典.卵巣癌におけるサードライン(3rd-line)化学療法の効果を規定する因子の解析. 第65回日本産科婦人科学会 高得点演題 札幌 2013

  • 片岡史夫 進伸幸 山上亘 野村弘行 田中京子 阪埜浩司 津田浩史 中原理紀 竹内裕也 亀山香織 青木大輔 吉村泰典.子宮体癌におけるセンチネルリンパ節生検の精度の検討 - 早期子宮体癌におけるリンパ節郭清省略の可能性 -.第64回日本産科婦人科学会 高得点演題賞受賞 神戸 2012

  • 千代田達幸 津田浩史 片岡史夫 野村弘行 井口蓉子 冨永英一郎 平沢晃 山上亘 進伸幸 青木大輔.子宮体部癌肉腫の癌部ではTGF-β-Smad2/3経路が活性化し上皮間葉転換(EMT)をきたしている.第64回日本産科婦人科学会 優秀演題賞受賞 神戸 2012

  • 津田浩史.新しい細胞情報解析システムの開発−治療成績の向上を目指して.第63回日本産科婦人科学会シンポジウム 大阪 2011

  • Tsuda H, Ito YM, Tanaka H, TakanoM, Nishimura S, Kataoka F, Nomura H, Chiyoda T, Hirasawa A, Susumu N, Aoki D. A gene expression profile as a predictor of recurrence in low and intermediate-risk endometrial cancer. 第70回日本癌学会 シンポジウム 名古屋 2011

  • 野村弘行 津田浩史 片岡史夫 田中京子 千代田達幸 山上 亘 平沢 晃 冨永英一郎 進伸幸 青木大輔. 上皮性卵巣癌における初回化学療法のprognostic markerとしての血液毒性. 第48回日本癌治療学会ワークショップ 名古屋 2011

  • 進伸幸 野村弘行 平沢晃 阪埜浩司 津田浩史 青木大輔.リンパ節郭清範囲と化学療法内容は進行子宮体癌へ影響を与えるか? 第48回日本婦人科腫瘍学会. ワークショップ 筑波 2010年7月8日

  • 紀川純三 横山良仁 小林重光 宮崎康二 津田浩史 板持広明 中尾佳史. 卵巣がん治療ガイドライン −再発上皮性卵巣癌‐ 第48回日本婦人科腫瘍学会. ワークショップ 筑波 2010年7月8日

  • 津田浩史. 個別化医療を目指した癌治療効果の予測.  第48回日本婦人科腫瘍学会. モーニングセミナー 筑波 2010年7月8日

  • 千代田達幸 津田浩史 青木大輔. 子宮体部癌肉腫の術後治療はいかにあるべきか? 第47回日本癌治療学会ワークショップ 京都 2010

  • 野村弘行 津田浩史 青木大輔.  プラチナ耐性再発卵巣癌に対する薬物療法の選択−CPT-11およびPLD投与例の比較から−. 第47回日本癌治療学会パネルディスカッション 京都 2010.

  • 津田浩史 片岡史夫 野村弘行 千代田達幸 鈴木淳 冨永英一郎 進伸幸 青木大輔. 腫瘍−間質相互作用の側面からみた表層上皮性卵巣癌の予後関連遺伝子の探索. 第46回日本癌治療学会シンポジウム 横浜 2009.

  • 野村弘行 津田浩史 片岡史夫 青木大輔. 卵巣癌初回治療後の再発サーベイランス方法の構築−ガイドライン作成のためのエビデンス作りを目指して−. 第47回日本婦人科腫瘍学会ワークショップ 東京 2009.

  • 津田浩史.  再発卵巣癌の治療戦略手術療法. JGOGパネルディスカッション 東京 2009

  • Hirasawa A, Akahane T, Yamagami W, Nomura H, Banno K, Tsuda H, Naganishi H, Okubo K, Saito K, Zama T, Tanigawara Y, Susumu N, Aoki D. Analysis of UGT1A1 polymorphisms and serum bilirubin levels for individualized cnancer therapy using irinotecan. 第67回日本癌学会 シンポジウム 名古屋 2008.

  • 野村弘行 津田浩史 片岡史夫 山上亘 平沢晃 冨永英一郎 鈴木淳 進伸幸 青木大輔. 再発卵巣癌に対する治療戦略 −卵巣癌初回治療後のサーベイランスの観点からー. 第45回日本癌治療学会 ワークショップ 名古屋 2008

  • 津田浩史. 再発卵巣癌に対する化学療法 −特にプラチナ製剤耐性症例を中心として−. 第46回日本婦人科腫瘍学会シンポジウム 金沢 2008

 

【科研費の獲得状況(過去5年)】

    がん特定領域研究

  1. 研究課題:有効な腫瘍マーカーのない婦人科悪性腫瘍に対する新しい腫瘍(平成20〜21年)
    研究代表者:津田浩史
      補助金額:500万円  期間:平成20〜21年

    基盤研究(C)

  2. 研究課題:上皮性卵巣癌における間質〜腫瘍相互作用の臨床的意義の解明
    研究代表者:津田浩史
    補助金額:416万円  期間:平成19〜20年

  3. 研究課題:細胞アレイによる卵巣癌抗癌剤効果予測システムの構築と分子標的薬の探索
    研究代表者:津田浩史
    補助金額:412万円  期間:平成22〜24年

  4. 研究課題:子宮体癌の術後再発予測方法の開発
    研究代表者:片岡史夫
    補助金額:410万円  期間:平成24〜26年

  5. 研究課題:卵巣癌の薬物応答に関与する新規バイオマーカーの特定
    研究代表者:山上亘
    補助金額:410万円  期間:平成24〜26年

    若手研究(B)

  6. 研究課題: 子宮体癌における間質-腫瘍相互作用の臨床的意義の解明
    研究代表者:片岡史夫
    補助金額:416万円 期間:平成22〜23年

  7. 研究課題:卵巣癌腹膜播種形成において糖鎖が果たす役割の解明と分子標的治療への応用
    研究代表者:野村弘行
    補助金額:210万円 期間:平成20〜21年

  8. 研究課題:一塩基多型解析による子宮体癌幹細胞の個性診断
    研究代表者:野村弘行
    補助金額:320万円 期間:平成23〜25年