HOME > 研究 > 国内留学
研究室の紹介

古谷正敬(平成9年卒)
京都大学再生医科学研究所(再生研)

小野寺成実(平成9年卒)
東海大学医学部基盤診療医学系再生医療科学

 


古谷正敬(平成9年卒)
京都大学再生医科学研究所(再生研)

私は吉村泰典教授の御紹介により京都大学再生医科学研究所(再生研)に留学し研究をすることになりました。当時再生研は国内で唯一霊長類(サル)ES細胞樹立に成功した実績のある研究室で、日本におけるヒトES細胞樹立機関としてヒトES細胞樹立プロジェクトが開始したところでした。基礎研究の経験が全くない私でしたが、樹立プロジェクトの中心的存在であり霊長類ES細胞樹立に関してはゴッドハンドをもつといわれる先生に丁寧な御指導をいただき、霊長類ES細胞樹立技術を習得する事ができました。研究生活には困難もありましたが美しく移り変わる京都の四季を堪能しながら再生研で過ごした2年半は非常に有意義で楽しい時間でした。その様な恵まれた環境のおかげで2年半という短期間で今まで困難とされてきた霊長類ES細胞に対する遺伝子導入技術の確立に成功し、学位論文をまとめることができました。慶應大学という世界に留まらず、京大の基礎や臨床の先生方と知り合い、研究についてディスカッションをかわしたり、飲みに行ったりと交流をもてた事は現在も私の人生の貴重な財産となっています。

 


小野寺成実(平成9年卒)
東海大学医学部基盤診療医学系再生医療科学

私は野澤教授の御紹介により東海大学医学部基盤診療医学系再生医療科学に留学し研究をすることになりました。末梢血より血管内皮前駆細胞の存在を明らかにされた浅原孝之教授の御指導のもと、子宮の再生医学の先駆けとして血管形成に着目した研究を始めました。開始当時は、私が基礎研究において初心者であることに加えて、子宮の再生医学に関する情報が非常に少なく、右往左往することもしばしありました。しかし、実験に行き詰まっても、実験ノートを毎日書くように教えてくださった先生、never give upと気分を高めてくださる先生、実験の方向性の再検討を厳しく指摘してくださる先生、未熟な大学院生の実験に助言してくださる技師の方、いつも笑顔で心を和ませてくれた秘書の方などから様々な形で御協力を頂いて、少しずつ有効なデータが出てくるようになりました。現在、論文作成のためデータをまとめながら追加実験を施行中です。サッカーをこの上なく愛され、講演等で世界中を飛び回る生活も淡々とこなされる浅原教授率いる自由闊達な研究室で過ごさせていただいたことは、私にとって今後へ通じる大きな糧になると確信しております。